靴の工程:すくい縫い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 靴の工程:すくい縫い

すくい縫いはハンドソーン・ウェルテッド製法において、中底とウェルト(細革)を縫い付けるときに使う縫い方です。

  1. 糸を通す穴を開けます。
  2. すくい針を中底の溝に刺し、ウェルト側から先を出して、中底とウェルトを通る穴を開けます。穴ができたら、針を抜きます。

  3. 開けた穴に、ウェルト側から中底側へと糸を通します。
  4. 次に、今度はもう一本の糸を中底からウェルト側へと通します。
  5. 二本の糸を強く引っ張ります。
  6. ウェルトには本底から強い力がかかるので、しっかり中底に縫いつけていないと、後でゆるんできます。とても力の終わる作業なので、すくい縫いが終わったときには一息入れたくなります。

  7. 糸を絡げて綾を作ります。
  8. 綾を作ることで、糸が切れたとしても、他の縫い目までほつれが伝わりにくくなります。
    すくい縫いの動画を撮りましたので、ぜひご覧ください!

最新の活動はFacebookのページでどうぞ!↓ MADOROMIのfacebookページへのリンク

Slider by webdesign