靴の工程:マッケイ縫い(手縫い)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 靴の工程:マッケイ縫い(手縫い)

マッケイ縫いとは、マッケイ製法で中底と本底を縫い付けるときの縫い方です。手縫いで縫う場合も機械で縫う場合もありますが、手縫いの方が端ぎりぎりを縫うことができます。また、縫い目が露出して糸が切れても、糸がほつれにくいという利点があります。(機械縫いと手縫いの違いについては、機械縫いと手縫い製法間の比較をご覧ください。)

  1. 本底から中底に糸を通す
  2. 中底から本底に糸を通す
  3. 履き口から見える範囲であれば、直接中底側から糸を穴に通すことができます。

    しかし、つま先側のほうの穴は履き口から見えません。そこで、ちょっとトリッキーな方法を使います。マッケイ縫いに使う糸は、複数の糸を捩ってできていますので、よじりを戻して、間にもうひとつの糸を通しても割かれた糸は傷つきません。

    そこで、本底側から通した糸を割いて中底側の糸を入れ、本底側から通した糸を引っ張ります。

    マッケイ縫い2
    マッケイ縫い3
    マッケイ縫い4
    すると、中底側の穴を直接見ることができなくても、中底から本底側に糸を通すことができます。

  4. 糸を絡げて綾を作る
  5. 中底側の縫い目に、本底から通した糸を通し、綾を作ります。綾を作ることで、糸が切れてしまったときもほつれが伝わりにくくなります。

最新の活動はFacebookのページでどうぞ!↓ MADOROMIのfacebookページへのリンク

Slider by webdesign