靴の工程:マッケイ製法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 靴の工程:マッケイ製法

当店では、底付けにマッケイ製法とハンドソーン・ウェルテッド製法を用いています。マッケイ製法とハンドソーン・ウェルテッド製法にはそれぞれ異なる特徴があり、靴の種類やお客さまの好みによってベストな製法は異なります。「製法間の比較
マッケイ製法とは、中底と本底を直接縫い付ける製法です。

糸が露出していると、そこから雨がしみ込むことがあります。そのため、基本的にマッケイ製法では、底側から縫い目の見えない伏せ縫いという縫い方をします。

土踏まずの部分は地面に接しませんので、ここの部分だけ縫い目を見せる製法もあります。

釣り込みが終わった時点から、マッケイ製法による底付け方法を説明します。

釣り込み時の断面図(再掲)

  1. 底面を整える
  2. 隙間にコルクを入れたり、やすりで削ったりして、底面を滑らかに整えます。

  3. 本底に切れ込みをいれて起こす(ドブ起こし)
  4. 本底に切れ目をいれ、地面に触れる側を起こします。

  5. アッパーを中底に固定する
  6. マッケイ製法では、マッケイ縫いをするときに、一度靴型を抜きます。そこで、靴型を抜く前に、アッパーを中底に固定します。鉄板の入っているところはタックスという釘で固定したり、そうでないところについては、からげ縫いというすくい縫いに似た縫い方で固定したりします。接着剤の性能の向上により、接着剤で固定することもできるようになってきました。最終的にはマッケイ縫いでアッパー・中底・本底すべてを縫いつけますので、このときの固定の方法自体は靴の耐久性に影響しません。

  7. 本底から中底に向けて穴を開ける
  8. 靴型を入れたまま、本底から中底に穴を開けます。
    穴
    穴を開け終わったら、マッケイ縫いをするため靴型を抜きます。

  9. マッケイ縫いで中底と本底を縫いつける
  10. 中底と本底をあわせて、2. で作った切れ目のところからマッケイ縫いで中底と本底を縫い付けます。マッケイ縫いを手で縫うやり方は「マッケイ縫い(手縫い)」で説明します。

  11. 2 で起こした部分を伏せて縫い目を隠す(ドブ伏せ)
  12. 2. で起こした部分を伏せると、縫い目が隠れます。このとき、伏せた部分が剥がれないよう接着剤でくっつけます。

最新の活動はFacebookのページでどうぞ!↓ MADOROMIのfacebookページへのリンク

Slider by webdesign