機械縫いと手縫い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 機械縫いと手縫い

同じ製法でも、ミシンで縫う機械縫いと手縫いではかかる時間や耐久性の点において違う性質を持っています。

ほつれやすさ

機械縫いと手縫いでは、糸が切れたときのほつれやすさが大きく違います。機械縫いの場合、糸は革の中間でUターンし、上の糸はずっと上、下の糸はずっと下のままですが、手縫いの場合は糸は上と下を交互に行き来します。

さらに、手縫いの場合一縫いごとに強く糸を引っ張った上で絡げるため、糸が切れても手縫いの方がほつれにくく、耐久性に優れます。
しかし、機械縫いと手縫いで耐久性に差が出るのは、糸が地面とこすれ合う部分に露出した場合に限ります。最近の接着剤は質が良くなっているので、糸の上に伏せた革が剥がれて露出することは少なくなっています。また、底にゴムを貼った場合は、機械縫いと手縫いで耐久性に差が出ることはまずございません。

値段

底付けを機械縫いで行う場合、外部に発注するため、送料や手間を考えると一概に一足あたりの値段を論ずることはできません。しかし全体としては、械縫いは手縫いに比べて短い時間でできるため、特にまとめて同じ工程が処理できるときは、機械縫いの方がお安く提供できる傾向があるといえます。

最新の活動はFacebookのページでどうぞ!↓ MADOROMIのfacebookページへのリンク

Slider by webdesign