コンセプト

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コンセプト

わたくし内山が責任を持ってお作りします。

店主紹介オーダーの意義もあわせてご覧ください。

店内部

オーダー靴はお客様とデザイン、足の特性など相談させていただき靴を作ります

足型と靴型

日本には、特に足に合わない靴をそうと知らないまま履き続けて、余分な痛みや疲れをためている人がたくさんいます。靴を快適に履くためには、甲周りが窮屈でなく適度に合っている事、つま先に適度な余裕があることがとても重要です。

靴の本場ヨーロッパのしっかりした靴屋では、まず足を採寸し、正確な足の長さや足の幅を把握した上で靴を選びますが、日本で靴を購入する際、たいていは足の長さをお客さまが指定します。このため、足の正確な寸法や靴の正しい合わせ方を知らないまま、我慢して履き続ける方が多いことを残念に思っています。

MADOROMIはお店が小さく在庫を置けないため、受注生産を採用しており、お客さまのお手元に靴が届くまで少し時間がかかります。しかし、お客様の足を採寸し、型を補正して足の形状に合わせる方法(イージーオーダー)を採用していますので、既成の靴よりも足にあった履きやすい靴をご提供することができると思います。

安価な素材、簡便な製法が、より高価な素材、複雑な製法に対して劣るとは限りません。それぞれ長所も短所もあり、適した用途も違います。このため、靴の種類やお客さまの重視するポイントによってベストの選択は異なります。また、新しい素材・製法は日々開発されているため、研究を続けていく必要があります。MADOROMIは、靴作りを研究し、お客さまの意見を聞いて、ベストの靴を模索しています。

お客さまとコミュニケーションを取り理想の一足を作ります

靴屋をしていると、「靴のプロに意見するのは失礼だから」と、ご自分の好みや意見を伝えるのを遠慮なさるお客さまも、なかにはいらっしゃいます。もちろん靴屋ですので、靴の構造や作り方については詳しいのは確かです。けれども、お客さまが好きな色・形・質感や、実際に履く状況は、お客さま本人でなければわかりません。私は男性なので、特に女性の靴への思いや服にあわせるときのバランス感覚には想像が及ばないことが多々あります。気になることがあったら、どうぞお気軽にお尋ね・ご要望ください。

実は、お客さまのリクエストには、想像力を刺激してくれるという嬉しい作用もございます。私は、枠が決められた中で、どうすれば条件が満たせるだろうと試行錯誤する方が好きです。何の枠もないより、その方がかえっていろいろ思いつく気がします。

また、いい靴を作るためだけでなく、靴をお客さまにより楽しんでもらうためにも、お客さまとコミュニケーションをとることは必要だと感じています。どういう経緯で靴ができたか、どういう風に手入れすればよいかご説明すると、お客さまの靴に対する愛情がそれまでより深まるのを目にしてきました。店の近くにご用の際は、お話だけで構いませんので、ぜひお気軽に足を運んでください。より多くの方に楽しく靴を履いてもらいたいと思っています。

Webサイトだけでなく、facebookTwitterinstagramでも情報発信しております。お時間のあるときに覗いてみてください。

Slider by webdesign